現場レポート

開放感のある吹抜天井と小屋裏収納付 平屋建FPの家 床FPパネルを施工

小松市矢田野町の平屋建FPの家M様邸。

完成した基礎の上にひのきの土台を取り付けていきます。

M様邸FP土台_1M様邸FP土台_2

床下の配管工事が終わり、FPウレタン断熱パネルが搬入されました。

M様邸FP土台_3M様邸FP土台_4

105mmの厚さのFPウレタン断熱パネルを隙間なくはめ込み、全周気密テープを貼りつけます。

M様邸FP土台_5M様邸FP土台_6

その上に床の下地合板(28mm厚)を敷き、足場を組み立てて上棟への準備です。

M様邸FP土台_7M様邸FP土台_8

開放感のある吹抜天井と小屋裏収納付 平屋建FPの家 基礎が完成

小松市矢田野町の平屋建FPの家M様邸が着工しました。

大工さんが建物建設の位置や高さの基準(やり方)を造り、6/12に着工。

M様邸基礎_1M様邸基礎_6

ベタ基礎の鉄筋が組み立てられ、瑕疵保険の鉄筋検査を受けて合格しました。

M様邸基礎_4M様邸基礎_5

コンクリートを順に打ち、ベタ基礎が完成しました。

M様邸基礎_2M様邸基礎_6

ユニットバスや玄関の土間下と基礎には結露防止の断熱材が入ります。FPの家では標準仕様です。

M様邸基礎_7M様邸基礎_8

開放感のある吹抜天井と小屋裏収納付 平屋建FPの家 地鎮祭

小松市矢田野町で平屋建FPの家M様邸の地鎮祭が行われました。

M様邸地鎮祭_4 M様邸地鎮祭_1

晴天の中、アルクモリからは大工さんも参列させて頂きました。

M様邸地鎮祭_3M様邸地鎮祭_2

M様、本日はおめでとうございます。
いよいよ工事が始まります。これからよろしくお願いいたします。

FPの家の気密測定で0.2がでました

小松市千代町で新築中のFPの家で気密測定が行われました。

気密測定20190625_1気密測定20190625_2

住宅にあいた隙間がどれくらいあるかを数値で表したものが気密性で、これは気密測定により「相当隙間面積(C値)」を実測することで比較できます。FPの家の全国平均値は0.44㎠/㎡です。

測定の結果は・・・C値=0.20㎠/㎡(その他の数値も良い数値がでました)

気密測定20190625_3

全国平均より高い性能値が測定され、優良な現場施工が証明されました。

ページトップへ戻る