現場レポート

小松市 下野薬局様 店舗併用住宅 FPの家 外構工事

小松市で建設中の下野薬局様FPの家の外構工事が完了しました。

昨年12月に足場が解体された後、
スロープと玄関ポーチのタイル工事が始まりました。

続けてエコキュート、店舗の自動ドアの設置工事。

最後は駐車場のアスファルト舗装の工事です。

駐車場の白線を引き、車止めを設置して外構が完成しました。

加賀市動橋町 注文住宅M様 FPの家 上棟しました

1月20日大安吉日、注文住宅M様邸FPの家の上棟式が行われました。

初めにお施主様と棟梁でお酒とお塩をまき、お清めし工事が始まりました。

1階の骨組み、2階の骨組みを順に組み立てしていきます。

構造材の断面欠損が少なく、耐震性に優れた金物工法です。

午後には屋根の骨組みが完成、屋根瓦の下地杉板も半分張れました。

翌日からは天候も回復し、1階の屋根の骨組みや、雨風除けの防水シートも施工しました。

屋根の防水ルーフィングも施工でき、無事に完了しました。

加賀市動橋町 注文住宅M様 FPの家 基礎が完成しました

先日地盤改良工事を行った加賀市動橋町FPの家の基礎工事が始まりました。

基礎の型枠と鉄筋が組み立てられ、住宅瑕疵保険の鉄筋検査に合格。
晴天の中、ベタ基礎のベースのコンクリートを打設しました。

ベタ基礎の立ち上がりを打つ日は曇り空、年が明けて型枠を解体、無事に基礎が完成しました。

天候にも恵まれ、大工さんの土台伏せ工事も完了しました。

冬の工事なので床は上棟後に施工します。それまではブルーシートで養生です。

加賀市動橋町M様FPの家基礎工事01

小松市 下野薬局様 店舗併用住宅 FPの家 大工工事完了

C値=0.20㎠/㎡という結果の気密測定の後、電気の配線工事やユニットバスの組立と工事が進んでいます。

大工さんは天井や壁の下地工事を終え、天井の石膏ボードを貼り始めました。

居室の天井は気密による音の反響対策のため吸音板天井仕上です。階段も完成しました。

入口の建具の枠材や壁の石膏ボード、キッチンのカウンターなども造られ大工工事が完了しました。

加賀市動橋町 注文住宅M様 FPの家 建替工事着工

加賀市動橋町でFPの家、注文住宅の建替工事が始まりました。
既存住宅の解体工事が完了、更地になりまずは地盤の調査を行いました。

建築確認申請の許可が下り、表層部分の地盤改良と建物基礎下の柱状改良工事も完了。

大工さんが建物基礎の位置や高さの基準となる遣り方を造っています。
強固な地盤が造られ基礎工事の準備ができました。

加賀市分校町 注文住宅N様邸 建替工事 完成しました

加賀市分校町 注文住宅N様邸の全ての工事が完了しました。

大工工事が完了すると、内装のクロス工事が始まりました。

クロスが貼り終わり再び大工さんが登場、階段手摺や建具を取り付けます。

設備やさんは便器や洗面化粧台を取り付け。

システムキッチンの組み立ても完了しました。

電気やさんが換気扇や照明器具などを取り付け。最後にクリーニングをして工事完了です。

加賀市分校町 注文住宅N様邸 建替工事 外構工事

外壁工事が完了した分校町のN様邸、外構工事が始まりました。

玄関とポーチの床に300角のタイルを施工、犬走りの型枠が組み立てられました。

犬走りの土間コンクリートが打てると、次は駐車場の工事です。

天気も良く、無事に駐車場の土間コンクリートも打てました。

2階バルコニーへ上がる屋外アルミ階段を取り付け、外構工事が完了しました。

小松市 下野薬局様 店舗併用住宅 FPの家 足場が解体

FPの家の気密測定を行った下野薬局様店舗併用住宅の
外壁工事が完了し、足場が解体されました。

上棟後、遮熱シルバーの透湿防水シートが張られ、高断熱樹脂サッシのAPW330が取り付けられました。

屋根のガルバリウム鋼板葺きも完了、店舗の自動ドアやシャッターを取り付けます。

外壁の下地胴縁や軒天の通気見切りの施工も完了しました。

金属サイディング張りの外壁工事が始まりました。

外壁のコーキング工事も完了し、足場が解体されました。

加賀市分校町 注文住宅N様邸 建替工事 大工工事完了

外壁の防水、下地工事が終わり、内部の工事が始まりました。

住宅瑕疵保険の躯体と金物の検査を受け合格、断熱材を隙間なく施工していきます。

天井や内壁の下地胴縁の工事、床のフロアーを張っています。

天井の石膏ボード張り、小屋裏収納への階段もつきました。システムバスも組み立て完了。

壁の石膏ボード張り、天井はロックウール吸音板仕上です。

1階のLDK、キッチンの造作カウンター工事。階段が架かると大工工事の完了です。

小松市 下野薬局様 店舗併用住宅 FPの家 気密測定

先日上棟しましたFPの家、下野薬局様の中間の気密測定を行いました。

上棟時に施工したFPウレタン断熱パネル。
柱や梁との隙間にはアルミ気密テープを貼り、ボルトや金物の穴は発泡ウレタンスプレーで塞ぎます。

樹脂サッシAPW330を取り付け、サッシ廻り等はコーキングで気密施工。

玄関引戸や土間部分の隙間も入念にチェックして、いよいよ気密測定の開始です。

高性能なFPパネルと大工さんの徹底した気密施工により、C値=0.20㎠/㎡という測定結果がでました。
今回もFPの家の全国平均値よりも良い数値でした。

ページトップへ戻る