スタッフブログ

季節の和菓子作り教室 2016

11月10日(木)行松旭松堂様のはまちゃん(浜中工場長)をお招きして、
和菓子作り教室を開催いたしました。

アルクモリでは、和菓子作り教室をさせていただくのが今回で3回目です。
今年もたくさんの方が参加してくださいました。

今回は、銀杏(いちょう)を作ります。
銀杏は、浜ちゃんが今年考え、はらはら落ちる銀杏の葉をイメージして初めて作られたそうで、
淡い緑色や白色、黄色の練り切りを使った優しい色合いの上生菓子です。

丸めた生地を銀杏の形に整えた後、ヘラや茶せんで模様をつける作業がなかなか難しく
浜ちゃんに手ほどきを受けながら真剣に作っていらっしゃいました。

浜ちゃんは和菓子作り教室が今回で300回目だそうで、
「アルクモリさんとは縁がありますね」とおっしゃって下さいました。

和菓子作りが終了し、コーヒーを飲みながら皆さま和気あいあいとお話しをされ、
「いつもはお茶席などでいただくだけなのですが、今回作ることができ参加して良かったです」
「初めての参加でしたがとても楽しかったです」など、嬉しい言葉をいただきました。
ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。

追伸
後日、浜ちゃんよりお礼のお手紙が届きました。

いつも丁寧なお手紙ありがとうございます。
またお忙しい中、当店での和菓子作り教室を開催して頂きありがとうございました。
次回のお菓子も楽しみにしています(*^_^*)

ページトップへ戻る